お寺めぐりの友

PC版

井関山(いぜきざん)蓮照寺(れんしょうじ)☆☆☆浄土真宗本願寺派

歴史

筑前國続風土記拾遺』巻之30 鞍手郡 中 植木村の項に下記の記事がみられる。

◯蓮照寺

下町 眞宗西豊前国小倉永照寺の末也。 京都仏正寺ママ[1]末也。 昔ハ井関に在しか今上下町に在。

伊藤氏メモ蓮如上人1415-1499没後、天台宗から浄土真宗に改宗し、小倉永照寺(小倉北区大手町)より分院し井関の地に開山。2度の火災や大水害などによる寺の消失を経て、現在の地にいたったという。 (HP「浄土真宗本願寺派 福岡教区 鞍手組- 蓮照寺」より)()

伊藤氏メモ境内には餓死者供養塔(昭和37年1962再建)があり、享保17年1732に西日本を襲った享保の飢饉によって「村民四百八十余名」の犠牲者が出たことを伝えている。(『福岡県の歴史散歩』より)()

ひとくちメモ

蓮照寺の門前は、かつての赤間道植木宿のメインストリートである。 山号の読みがわからなかったので、電話で確認させて頂いた。 電話口に出たお寺の方は親切に対応して下さった。

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)


脚注

Top