お寺めぐりの友

PC版

施無畏山(せむいざん) 観音寺(かんのんじ) [丸山観音・圓通堂] [未1] 日蓮宗

歴史

伊藤氏メモ直方御館山(おたてやま)城主・黒田伊勢守長清公は本藩福岡藩の分家として直方城へ入城。 観世音菩薩の尊像を城内に安置し、日頃から信仰が厚かった。 後年直方から福岡本藩へ引き移りの際に町民一同が尊像をそのまま安置くださるよう請願したのに対し、長清公は町民の至情を嘉せられ、祈願所として祭祀した。 元禄5年1692祈願所の拝殿を丸山の地に移し、祭典費とし田畑を添えた。以上の旨が『直方風土記』に録されている。これが当寺の始まりである。

なお、当寺の古記録・重要書類は、天保13年1842堂宇炎上の際、焼失している。 また、元禄以降、明治初年の間には中興者もあるようだが、調査未達で判明していない。

斯かる由緒ある堂宇も、明治初期の頃には久しく無住の状態で、堂宇は荒れ、田畑の如きは殆ど不分明となり、境内地は一時官地に没収される状況になるも、初代中興開山日如上人が明治18年1885に入堂し、有志総代諸氏と協力し、明治33年1900堂宇新築の浄願を達成した。現第6世。

本尊の観世音菩薩像は、九大教授の鑑定や由緒沿革により、古い観音像であることは間違いない。 平安時代前期、又は藤原時代後期の作であるならば、1000年から1200年ほど経ていることになる。この本尊は、御開帳が、古くから60年に一度である。(昭和59年11月18日御開帳記念冊子『施無畏山観音寺由緒沿革』などより)()

ひとくちメモ

観音寺では千数百匹の色とりどりのメダカが泳いでいる。2006年頃、檀家から数十匹を譲り受けたのをきっかけに増え続け、訪れる人を楽しませている。メダカがあしらわれた御朱印も人気。(「西日本新聞」(2020-10-27)より )

周辺のスポット(4km以内)


Top