お寺めぐりの友看板

PC版

()浄顕寺(じょうけんじ)☆☆☆高野山真言宗

歴史

伊藤氏メモ大正末期から昭和初期にかけての頃、当地にあった空寺に入ったのが当寺の始まり。 現第4世。()

ひとくちメモ

伊藤氏メモ本堂左手に黒く光る地蔵菩薩像が立っているのが目に入る。 その後ろには、南無阿弥陀仏と刻字された大きな直方体の石碑がある。 空寺にあった墓を集めての碑である。現在では、火災除けの効力をもたらしているという。 当寺は中央四国第73番札所となっている。()

本堂に向かって左手奥には十三仏もみられる。新しいもののようである。()

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺院」のボタンをご利用下さい。


Top