お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

育王山種積院()善徳寺(ぜんとくじ)☆☆☆浄土宗

歴史

筑前國続風土記拾遺』巻之37 宗像郡 中 王丸村の項に下記の記事がみられる。

善徳寺

育王山と号す、浄土宗鎮西派野坂村西福寺の末也。 昔ハ大穂村薬師山に在て禅寺成しか、廃絶せしかハ正保3年(1646)(かの)号を(ここ)に移して浄土寺となせり。 三譽と云僧の時也。

『妙圓大姉』によれば、行明(1501-1563)が開基に関わったというが上の記事と年代がずれている。

ひとくちメモ

善徳寺は国道3号線王丸交差点より南に500mほどの所にある。 本堂はよく見ると鉄筋コンクリート造り。 こじんまりしたものである。

山門脇には「宗像四国西部霊場 本尊 薬師如来 王丸 第39番」と掲示された 薬師堂がある。 堂内には中央に弘法大師、左手に薬師如来と思われる木像が安置されている。 この木像はかなり痛んでいる。 また堂内三方には十三仏が安置されている。

薬師堂の写真

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺院」のボタンをご利用下さい。


Top