お寺めぐりの友看板

PC版

護念山淨香院()眞光寺(しんこうじ)[真光寺]☆☆☆浄土宗

歴史

筑前國続風土記拾遺』巻之38 宗像郡 下 武丸村の項に下記の記載がある。

真光寺

護念山淨香院浄香院と號す。 浄土宗鎮西派住吉村妙圓寺の末院也。 寛永7年(1630)9月専誉といふ僧開基せり。 寺内に薬師堂あり。

『妙圓大姉』によれば、行明(1501-1563)が開基に関わったという。

ひとくちメモ

眞光寺は、唐津街道赤間宿から 猿田峠を越え底井野に至る 赤間道のすぐ北側に伽藍を構えている。 その東側には八所宮が鎮座する。 本堂裏手から赤間宿がある城山が一望できる。 門前はのどかな田園地帯となっている。

境内には観音堂・六地蔵尊などが見られる。 近年改装されたようで本堂・観音堂は真新しい。

伊藤氏メモ庫裏以外は全体的に新しい造り。 本堂左にあるお堂には「宗像四国東部霊場本尊聖観世音菩薩薬師寺境内第83番」の表記あり。裏山斜面の墓地には新しい墓標が多数整然と並び、遠目にも目立つ。()

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺院」のボタンをご利用下さい。


Top