お寺めぐりの友

HOME PC版

井上山功徳院() 西福寺(さいふくじ) 浄土宗

歴史7 phrases

筑前國続風土記拾遺』巻之下38 宗像郡 下 野坂村の項に下の記事がみられる。

西福寺

廣宗に在。 井上山功徳院と号す。 浄土宗西山派那珂郡住吉村妙圓寺に属す。 天正の比1573-1595()譽といふ僧開基す。

接譽の弟子に随波といふ僧有。 後江戸に在て増上寺に従事たり。 此人の書簡并袈裟等を當寺に蔵む。 猶随波上人の事蹟は緇徒傅(しとでん)に詳なれは(ここ)略す。 此寺に如水公の御書あり。

音信(いんしん)[1]の為、串柿一連、梅干六十、しょうか[2]一鉢指越(さしこ)[3]され、祝着(しゅうちゃく)候也。
 卯月9日   御書判
     西福寺へ
 猶々竹を(よく)はやし申べく候。」  
(※本文は漢文。作者が書き下しました。原文はページの最下部にあります。)

妙圓大姉』によれば、行明1501-1563が開基に関わったという。

上の如水(黒田官兵衛)の書状。年号が無くはっきりしたことはわからないが 、西福寺のあたりに陣を構えたおりに西福寺の僧が陣中見舞に、干し柿・梅干し・生姜を贈ったときの礼状であろう。 礼状が現存しているかどうかは作者は知らない。

ひとくちメモ3 phrases

門前は池である。 参道口には巨大な門柱。 境内には、西福寺に貢献のあった僧侶であろうか「相蓮社傅譽應山大徳上人像-宝暦5年17559月10日寂」と銘のある石造がある。

他に、六地蔵・水子地蔵堂・親子地蔵などがある。 親子地蔵は作者は初めて拝んだ。

初めてお参りしたはお彼岸の中日。 檀徒の方々が入れ代わり立ち代わりお参りに来られていた。 あいにくにわか雨にあい、写真に雨が写っているものがあります。

関連寺院1