お寺めぐりの友

PC版

長禅山() 延寿寺(えんじゅじ) [延壽禅寺] 曹洞宗

歴史

筑前国続風土記拾遺』巻之38 宗像郡 下 朝町村の項に下記の記載がある。

延壽寺

井上に在。長禅山と号す。 禅宗洞家大穂村宗生寺に属す。 宗像宮古文書中に弘安の比1278-1287朝町村延壽寺見えたり。 古刹なり。 兵乱に断絶せしを、更山存異と云僧再興せり。 是中興の開山也。 存異は宗生寺三世中興の僧にて天正5年(1577)に寂せしよし寺記に見ゆ。 本尊の阿弥陀仏ハ聖徳太子の作也といふハいふかし。寺内に観音堂有。

ひとくちメモ

延寿寺は朝町の集落の外れの森の前に伽藍を構えている。 寺前はのどかな田園地帯である。

境内に薬師堂があったが、撮影ミスで写真の掲載ができていません。 次回お参りした際に撮影して掲載させていただきます。

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)


Top