お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

大光山()真福寺(しんぷくじ)真宗大谷派

歴史

享禄4年(1531)に福土村の住人田中出雲守が開基し、慶長元年(1596)本願寺から本尊及び寺号を受けた。

旧地名:三潴郡大溝村大字福土字福間。(以上 『新考三潴郡誌』第3編第7章より)

寺宝の多くは、明治に焼失したが、開基記録や古仏書などと中国の明の神宗皇帝代万暦15年(日本では天正15年(1587))の銘ある篝火(かがりび)鉢と察せられる鉄鉢が現存している。大木町寺院では最古。(Links① より)

町名「三潴郡大木町福土」は「みずまぐんおおきまちふくど」と読む。

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺社・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺社」のボタンをご利用下さい。


Top