お寺めぐりの友看板

PC版

金剛山()東照寺(とうしょうじ)☆☆☆中山身語正宗  FACEBOOK

歴史

Wikipediaによれば、中山身語正宗の立教は大正元年(1912)という。 創建はその後と思われる。

Links② によれば、寺の場所は、天正7年(1579)に築かれた宮園城の跡。 境内には水濠跡が残っている。 宮園城内には宮園城の守護寺の臨済宗寺院があったが、天正年間(1573-1593)、龍造寺隆信の兵火にかかり廃寺となったという。

ひとくちメモ

広大な境内には、本堂・仁王門、薬師堂をはじめとする諸堂が多数ある。 参拝当日は秋季彼岸大法要が催されており、大本堂内は信者さんでいっぱいであった。 天候が悪く、写真が少し暗めとなっています。

副住職は金魚の専門家。 境内では九州大金魚博覧会も開かれるという。

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺院」のボタンをご利用下さい。


Top