お寺めぐりの友

PC版

()清勝院(せいしょういん)[金剛宝寺奥の院]☆☆☆真言宗

歴史

昭和(1926-1989)初期、一木和尚が創建。 重症の悩み事の相談、手助けの祈祷寺として信者を集めていた。 その後、信者であった井上和尚(女性)が引き継ぎ信仰を深める。 御子息の井上卓勝和尚は昭和53年(1978)宗教法人を設立し大分県玖珠郡と熊本県阿蘇郡との県境にある金剛宝寺を建立。 現在はその奥の院となっている。

ひとくちメモ

清勝院は清水寺の参道口より少しゆるい坂を登った所にある。 寺前は清流が流れ、石橋を渡って境内に入る。 橋の欄干・建物の手すりなど赤を基調としたデザインとなっている。 境内では多数の石仏を拝むことができる。 往時の賑わいが想像できる。

建物はかなり傷みが進んでいるのが寂しい。

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)


Top