お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

()極應寺(ごくおうじ)[極応寺]真宗大谷派

歴史

伊藤氏メモ当時、海津村(みやま市高田町海津)には寺院がなかったため、文化7年(1810)に海津村民の信仰の殿堂として庄屋たちの尽力によって、中牟田村(高田町今福中牟田)から海津村茂出の地に極應寺が移転された。

移転前の極應寺は、江浦の光萬寺第3世祐願の第3子祐護が中牟田村に創建した寺院で、海津村に移転されたのは第14世のときである。当寺には移転・創建に尽力した2名の庄屋の銘が印刻された文化7年鋳造の半鐘が残っている。(Links① より)()

ひとくちメモ

未参拝の為、未稿。

関連寺社


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺社・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺社」のボタンをご利用下さい。


Top