お寺めぐりの友

PC版

普照山() 心光寺(しんこうじ) 浄土宗

歴史

伊藤氏メモ乗誉上人開山。2世の円守が正保3年1646有馬忠頼から寺町に寺地を拝領し堂宇を建立。 第8世のとき、常念仏を始め、以後、藩主から常念仏料百俵を付与。下寺に西光寺(寺町)があったが、昭和6年1931併合、廃寺となった。

本堂は、昭和48年1973再建。元の本堂は弘化2年1845の建築。 境内には、大聖不動明王堂(本尊は4代藩主頼元の生母貞昌院の寄進による、頼元と等身大の不動明王)、楊柳観世音菩薩堂(本尊は寛政4年島原大噴火により漂流していたものを安置。大聖不動明王堂の膝下には傷痕があるため「焼け観音」とも呼ばれる)がある。(門前の案内板・散策パンフより)()

ひとくちメモ

本堂は鉄筋コンクリート製。本堂前のよく手入れされた松の木が印象的であった。 駆け足での参拝のため、歴史の項に記された楊柳観世音菩薩堂と大聖不動明王堂は確認出来なかった。

Top