お寺めぐりの友看板

PC版

()来光寺(らいこうじ)☆☆☆真宗大谷派

歴史

『田主丸町誌』巻3によれば、 天文10年(1541)、二田村教信が建立し、 天正2年(1574)、益永村へ移転し、 明暦3年(1657)、村島村へ移転したという。

境内東側には経蔵がある。扉は施錠されており、格子越しで覗くと、正面に仏像が安置された六角形の輪蔵がある。 『浮羽郡誌』によれば、 その中には6000巻揃った鉄眼(てつげん)版の一切経があるという。

ひとくちメモ

来光寺は日田街道沿線の在郷町として栄えた田主丸中央商店街の少し東側よりに伽藍を構えている。

境内には、経蔵・石祠・鐘楼などが観られる。 本堂前には、今では珍しい大きな五右衛門風呂がおいてあり雨樋から雨水を引いて貯めているようである。 防火用のものと思われる。 門前の通りでは古い町並みを観ることができる。

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺院」のボタンをご利用下さい。


Top