お寺めぐりの友看板

PC版

鷲教山称名院()法林寺(ほうりんじ)★☆☆浄土宗

歴史

上のホームページによれば、 元和元年(1615)に田主丸町の開祖菊地丹後入道が善導寺より崇巌和尚を伴なって,現在の地に建立。 開山は崇巌和尚という。(田主丸町誌では元和4年(1618)

ひとくちメモ

法林寺は日田街道沿線の在郷町として栄えた田主丸中央商店街の西側入口付近に伽藍を構えている。 門前ではお願い地蔵尊六地蔵尊が通行人を見守っている。 城門のような頑丈な造りの山門をくぐると、正面には「日支大東亜」と記された複雑な形状の石塔が建てられている。 先の太平洋戦争の被害者の供養塔であろう。 境内東側の壁沿いには多数の観音像が観られる。 本堂へは小さな石橋を渡ってお参りする。 本堂前面の扉は風格のあるものとなっている。

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺院」のボタンをご利用下さい。


Top