お寺めぐりの友

PC版

() 文殊菩薩堂(もんじゅぼさつどう) 不詳

歴史

筑前国続風土記拾遺』巻之42 裏糟屋郡 下 新原村の項に下記の記載がある。

文殊堂道辻

◯村の南に文殊田といふ有。 むかしの寺料歟。

ひとくちメモ

文殊菩薩堂は県道号503線の脇にある。 約150m北側には十一面観音堂が立っている。 堂内には、近年修復されたという文殊菩薩木像と観音像(石像)他が安置されている。

に畦町宿伊能忠敬測量200年祭参加のおり、偶然通りかかった。 普段は扉が閉じている文殊堂がたまたま開けられており、地元の方々が千人参りの準備をされていた。 堂内へ上がってのお参りと写真撮影の許可も快くして下さった。 また、この近辺の案内などのお話もうかがうことができた。感謝感謝。

この千人参りは白峰山 永福院が本部となっており、 毎年春秋2回行われているという。

伊藤氏メモ堂内、文殊菩薩が獅子舞像の上に乗っているのが珍しくありました。()

Top