お寺めぐりの友

PC版

白岩山() 聖福寺(しょうふくじ) [白岩観音さん] ★★ 天台宗

歴史

延暦22年803伝教大師の開基とされる。当時は七堂伽藍、25坊を備えた大寺であった。 その後、寺は大友氏による2度の兵火に罹って焼失・荒廃。 文明16年1414香月興則(かつきおきのり)が再興した。 脇寺25坊のうち辻坊は現存しているという。

本尊は木造聖観世音菩薩(1尺8寸≒69.4cm、伝慶運作)。秘仏で33年に一度の本開帳と17年に1度の中開帳がある。 境内には大師お手植えの大楠2株(北九州市の保存樹)と、紫紺の大フジもあり早春には梅林あり。 本堂正面の「白岩山」の扁額は仙厓和尚の筆。 本堂内の大太鼓は麻生氏奉納銘あり。 本堂の左後方の石造五重塔と、それより小さい2基の塔内には仏師崇仁の銘のある経筒3箇が納められていた。

年中行事

(『白岩山聖福寺縁起』・境内の案内板などより)

ひとくちメモ

聖福寺は香月の住宅街に伽藍を構えている。 境内は広大な敷地面積である。多数のお堂・石仏群がみられる。 観音堂をはじめ各種お堂・石仏・傳教大師お手植えと言われるの2株の大木など見応えがある。 春のフジは見事である。 8月17日に境内で催されるの盆踊りは近在の方々で賑わうとのこと。 境内は樹基の楠をはじめ多数の木々で覆われ、特に夏場は涼しくて気持ちが良い。

上殿延命地蔵院の参拝の帰りに参拝。本堂内に住職がおられ、声を掛けて頂いた。 『白岩山聖福寺縁起』を頂戴し涼しい藤棚の下のベンチに腰掛け冷たいペットボトルのお茶をいただきながら(これも頂戴した!!)お寺の話を聞かせていただいた。感謝感謝である。

誕生山 吉祥寺お参りの帰りに訪れた際、 ちょうど遍路姿の方がお参りに来られており後ろ姿を撮影させて頂いた。感謝感謝。 また、藤棚には見事な花が咲いていた。

関連寺院

Top