お寺めぐりの友

PC版

護念山常照院() 心光寺(しんこうじ) 浄土宗

歴史3 phrases

現在は山門とその脇の小堂がわずかに残るのみである。 『唐津街道を行く』によれば、 戦国期の小倉城主、三河守鑑種の正室武姫の菩提寺という。 歴史のある寺院である。

唐津街道沿いの日明浜処刑場跡に「首切り地蔵」がある。 その台座に「天明7丁末歳1787仲冬11月 浄土宗心光寺義誉上人弟子簾誉盤哲」なる銘がある。 この「心光寺」は当寺のことと思われる。

門前は長崎街道である。 道幅はほぼ当時のままのようで狭い。

ひとくちメモ1 phrases

伊藤氏メモ境内域は数台の駐車スペースを兼ねた広さである。小ぶりの本堂前に、三界万霊の碑とソテツが佇んでいる。()