お寺めぐりの友

PC版

無量山() 西法寺(さいほうじ) 浄土真宗本願寺派

歴史

門前の掲示板に書かれている内容をそのまま記載する。

西法寺は元禄10年1697(僧順道開基36歳)に創建された。 7世から9世にわたって寺子屋を開き近隣の子弟の育成にあたった。 とくに9世道遠(現八幡東区高槻の慈光寺より入寺)の墓は「道遠墓」として、 当時の子弟によって顕彰されたものが町上津役(まちこうじゃく)の墓地に残る。

ここは黒崎木屋瀬の宿場の途中に位置し、 宿屋も数件あったようだ。 「江戸は大雪、諸国は薄雪・・・」と桜田門外の変1860についての住職の記録がある。 寺の向かいには早馬の中継所があったらしく。 田舎の住職にもいち早く情報が届いたか。

北九州市民センター 名所旧跡によれば、 門前の掲示板の「道遠墓」は町上津役の墓地(八幡西区町上津役西1丁目 国道211号線沿)にあるようである。 にその墓碑の確認に行った。地蔵堂脇に圭頭墓などの寄せ墓がある。 この中のどれかが「道遠墓」であろう。墓標の文字は風化して読み取れない。(最下部の写真を参照のこと) この場所もやはり旧長崎街道沿線である。

ひとくちメモ

門前は旧長崎街道が通っている。 周辺には古い家並みも少し見られる。 本堂は近年改装され真新しい。 地名の「上津役」は「こうじゃく」と読む。

関連寺院

Top