お寺めぐりの友

PC版

帆柱山(ほばしらざん) 観音寺(かんのんじ) [未] 高野山真言宗

歴史

北九州の寺めぐり 』によれば、開創は昭和63年1988。 この寺は、下記の3つが合体されて現在の姿ができあがったという。 ①観音堂(春の町にあった。明治31年1898開設。) ②大師堂(大谷町にあった。) ③帆柱山観音寺(帆柱4丁目に現在もある。明治初期の開創。)

帆柱4丁目にある帆柱山観音寺が、当寺の本山という位置付けである。

ひとくちメモ

伊藤氏メモ当寺の玄関脇には、純念観音(じゅんねんかんのん)を中心に、左右に明照観世音・永光観世音の3像が同一台座の上に立っている。中央等身大の純念観音は、先代住職夫人の純念法尼の名を冠したものという。 本堂内の本尊・千手千眼観世音菩薩立像の前には四天王の像が揃い立っている。見応えのある荘厳である。()

関連寺院1

Top