お寺めぐりの友

PC版

金龍山(きんりゅうざん) 法輪寺(ほうりんじ) 浄土真宗本願寺派

歴史

伊藤氏メモ開基の仙学は、永照寺(現:大手町)2代了信の嫡男であったが、故あって永照寺を継がず、永禄年間1558-1570に当寺を起こしたといわれている。 慶長12年16072代専教のとき本願寺から長福寺の寺号を許可された。享保元年17168代将軍吉宗の子が長福と名付けられ、藩主の命によって寺名を法輪寺と改めた。昭和26年1951米町1丁目2番から現在地へ移転した。(「到津地区の史跡等-12法輪寺」より) ()

ひとくちメモ

門前は小倉から黒崎宿に至る旧長崎街道の道である。 道幅はほぼ当時のままのようで狭い。

伊藤氏メモ平成12年2000鉄筋コンクリート造の現本堂に改築。本堂右手のクスノキはかなりの樹高である。()

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)


Top