お寺めぐりの友

PC版

() ごんろく地蔵(ごんろくじぞう) [五六地蔵] 不詳

歴史1 phrases

境内の案内板(平成9年12月銘)によれば、 昭和10年4月28日、トンネルが貫通している山(五六山(ごんろくさん)と呼ぶのであろうか?)の谷間で15-16人の遺体が発掘された。 文治元年1185、壇ノ浦で源氏に滅ぼされた平家ゆかりの人々は、 この裏山まで逃げ、力尽きて亡くなったという。 遺体はその人達のものという。 平成8年8月6日、トンネル道路工事の為、その遺体をこの地に埋葬しなおしたという。

ひとくちメモ2 phrases

地蔵堂は、永犬丸(えいのまる)トンネル中間(なかま)市側入口脇の山裾にひっそりと立っている。 中間市と北九州市八幡西区の境にあたる。 多数の石仏と併せて、墓碑と思われる古い石塔も多数安置されている。

境内には「交通安全守り地蔵」の表札板も掛けられている。 地蔵堂横の県道46号線は、かなりの交通量である。