お寺めぐりの友

HOME PC版

() 安国寺(あんこくじ) [安国禅寺・豊前安国寺] 曹洞宗

歴史9 phrases

山門脇の案内板の内容をそのまま記載する。

曹洞宗安国寺は、足利尊氏・直義(なおよし)兄弟の発願で全国に建てられた寺の一つで、 豊前安国寺と伝えられています。

当初、三本松(小倉北区古船場付近)にありましたが、 慶長5年1600細川忠興(ただおき)の小倉城築城の折、 現在地に移りました。

当寺の第27代住職・玉水俊虠(たまみずしゅんこ)は、 旧陸軍第12師団軍医部長として明治32年6月から3年間、 小倉に在住した森鴎外と親交を結び、 彼の作品「二人の友」や「独身」にも「安国さん」の名で登場します。

庫裡の前には、元和8年1622最上(もがみ)藩の内紛で細川家預かりとなった 最上光直(みつなお) (墓碑には「捐舘(えんかん) 清雲院殿前甲州太守聖山壽賢大居士(せいうんいんでんこうしゅうたいしゅしょうざんじゅけんだいこじ)」と刻まれています。) や寛文11年1671伊達騒動に連座して小倉に配流中没した 伊達宗興(むねおき)(事件の中心人物であった伊達宗勝(むねかつ)の子。 宗勝は伊達政宗の十男)、 小倉藩の儒者篠原級長(しななが)(号は笠山(りゅうざん))の墓があります。

また、寺には木像松尾芭蕉翁像。柳墳(やなぎづか)、三世幾暁春波(いくぎょうしゅんぱ)や四世文藻春渚(ぶんそうしゅんしょ)の墓などがあります。

芭蕉翁像は高さ25cmほどの坐像で、 芭門十哲(しょうもんじってつ)の一人であった森川許六(きょろく)が芭蕉遺愛の桜を切って造ったものといわれ、 宝暦年間1751-1764の始めごろ、 春波が九州行脚の折、(おい)(背に負う箱)におさめて持ってきたものです。

柳墳は、文政1818-1830のころ芭蕉の肉筆の短冊 「八九間(はっくけん) 空で雨降る柳かな」や遺品などを埋めた塚です。

北九州市教育委員会

門前より一筋東の路は旧長崎街道である。

ひとくちメモ1 phrases

長崎街道探索中に立ち寄った。 時間のないお参りであった。 境内には入らなかったが、本堂内で子供達がなわとびをしているような掛け声・歓声が聴こえた。 幼稚園(おひさま幼稚園)が併設されており、その園児達の声であろう。 境内の最上光直の墓碑・柳墳なども観ることができなかった。