お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

吉光山()祥雲寺(しょううんじ)☆☆☆西山浄土宗

歴史

筑前國続風土記拾遺』巻之42 裏糟屋郡 下 三代村の項に下記の記事がみられる。

祥雲寺

東谷に在。吉光山と号す。 浄土宗西山派福岡大長寺の末也。 元和4年(1618)に開基す。寺内に観音堂 地蔵石佛あり。

筑前國続風土記拾遺』巻之42 裏糟屋郡 下 小竹村の項に下記の記事がみられる。

民居は本村 裏小路 千眼寺に在り。(千眼寺は昔三代祥雲寺の末院にて、廃址と成に依りて寺号を福岡西松原曇華庵に引と或記に見えたり。)青柳村八幡宮を産神とせり。

ここで云う、曇華庵とは、福岡千眼寺の旧寺号である。福岡千眼寺の寺号はこの地にあった寺より引き継がれたもののようである。

ひとくちメモ

祥雲寺の門前の県道504号線は唐津街道である。 県道504号線を200mほど北に進むと太閤水がある。 山門脇にはお堂があるが中に何が安置されているか未確認。

伊藤氏メモ本堂内正面には、左右対の形で天女の絵・龍の絵、その右脇には涅槃像の絵が飾られているのも珍しいものでした。 現本堂は昭和10年頃の建立とのこと。もちろん、近くにある太閤水にも寄ってきました。()

関連寺社


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺社・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺社」のボタンをご利用下さい。


Top