お寺めぐりの友

PC版

鉾立山() 呑山観音寺(のみやまかんのんじ) [高野山真言宗別格本山] 高野山真言宗

イベント情報(今日から2ヶ月間)

2020-01-01 新春開運吉祥護摩供 毎日10:30~、13:00~
2020-01-03

歴史

上のホームページよれば、この地は古くから山岳信仰・民間信仰の聖地として人びとの信仰を集めてきた。 天保6年1836、四国巡拝の帰りに篠栗に立ち寄った尼僧慈忍の呼びかけで、 篠栗八十八ヶ所が発願され、慈忍の後を受けた藤木藤助たちによって開創されたという。

伊藤氏メモ年1回、10月の第3日曜日のみご開帳。本堂への急峻な石段は[戒めの石段]といって心を正しくしないと上れないという。薄暗い本堂に入ると天井一杯にローソクや線香の煙で燻された千羽鶴の束がたくさんかかっている。本堂では、毎朝6時から護摩焚修法。また、高野山開創1200年祭の記念事業の一環として百観音堂が平成25年2013に落慶。本尊をはじめ百体の観音像が祀られている。(以上、『新 篠栗八十八ヶ所霊場めぐり』より)()

ひとくちメモ

呑山観音寺は、鉾立山と三ツ頭山の谷間の猫峠近くに伽藍を構えている。 境内は作者が今まで見たお寺の中でも最大級の広さである。 参道には土産物店・休憩所がある。縁日・休日は参拝者で賑わう。 また、駐車場も広大である。 本堂内ではお守りその他のお土産が多数売られている。 境内案内図はここをご覧ください。

平成25年に落慶したという百観音堂。 中央の千手十一面観音像と左右に恐らく50体ずつの金色の観音像が安置されている。 入魂まもない為全て真新しい。御堂の周辺には多数のシダレザクラが植えられている。 ここに参拝するだけで100倍のご利益がありそうである。

関連寺院

Top