お寺めぐりの友

PC版

若杉山() 文殊院(もんじゅいん) 高野山真言宗

歴史

Linksのページによれば、 先代住職高瀬覚明師が高野山の弘法大師祖廟に参籠の折、 霊感により文殊菩薩を感得され、 のちの昭和47年197210月に文殊菩薩を安置し、建立したという。

ひとくちメモ

文殊院は、若杉山(標高681m)の中腹に伽藍を構えている。 すぐ隣は明王院である。 本堂脇には、藤棚がありちょうど満開であった。 境内には、不動堂・日切地蔵堂をはじめ多数のお堂がある。

若杉山は、作者が知る限りであるが、明王院金剛頂院奥の院などの寺院があり、また頂上には太祖神社上宮が鎮座するという。

初夏に初めてお参りしたが、新緑が美しく秋には紅葉も楽しめそうな場所である。

Top