お寺めぐりの友

PC版

仏甫山() 法照寺(ほうしょうじ) 浄土真宗本願寺派

歴史2 phrases

伊藤氏によれば明治初頭の創建で、現住職は第4世。

地名の「旅石」は現代では「たびいし」と読むらしい。 『筑前國続風土記』によれば、もとは「たべし」と云っていたという。 神功皇后がこの地に行幸したときに出産前の体調が思わしくなく 「あなわびしや」とのたまう。それが訛って「たべし」となったという。 ここより東1km足らずの所に旅石八幡宮が鎮座している。 ここに神功皇后の腰かけた石があったという。(現在もあるかどうかは未確認)

ひとくちメモ2 phrases

志免東公園丘の南側の中腹にある。 石段を登って境内に入る。 本堂は高さは比較的低く、左右に広い造りとなっている。 参道口前の道を西側に少し進むと同じ浄土真宗本願寺派の藤円寺がある。

伊藤氏メモ西隣には、[国鉄志免鉱業所記念碑][慰霊碑]が立っている。(国鉄が蒸気機関車用として自ら採炭していた関連。現地に詳細説明書き有り)()