お寺めぐりの友看板

PC版
[更新]

()二瀬川観音堂(ふたせがわかんのんどう)☆☆☆真言宗

歴史

Linksのページによれば、本尊は四国八十八箇所霊場第81番札所・綾松山白峯寺(りょうしょうざんしろみねじ)から勧請した千手観世音菩薩という。

伊藤氏メモ元々は当観音堂は現在地より上の高い場所にあったが、台風などで堂の傷みがひどくなり、平成11年(1999)に道沿いの現在地に建て替えられたものである。(『新 篠栗八十八ケ所霊場めぐり』より)()

観音堂前の道は篠栗街道である。

ひとくちメモ

観音堂の前は国道201号線と県道435号線との分岐点である。 国道201号線はここから七曲の坂道を蛇行し八木山峠を越えて飯塚に向かう。 御堂前を流れる川は多々良川である。

祭壇の中央の千手観世音菩薩は金色に輝いている。 御堂内には十三仏他多数の仏像が所狭しと並んでいる。

関連寺社


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺社・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺社」のボタンをご利用下さい。


Top