お寺めぐりの友

PC版

立花山() 梅岳寺(ばいがくじ) [梅岳禅寺] 曹洞宗

歴史6 phrases

境内の案内板の内容をそのまま記す。

当寺は山号を立花山(りっかさん)といい、曹洞宗に属します。 初めは花谷山神宮寺(かこくざんじんぐうじ)として、 元中2年1385室町幕府の三代将軍足利義満の時代に創立されました。 天正3年1575に立花城の城督(じょうとく)であった立花道雪(たちばなどうせつ)の母、 法名養孝院(ようこういん)をこの寺に埋葬し、母の法名と道雪の姓をとり立花山梅岳寺養孝院と改めました。

その後、天正13年15859月11日、道雪が筑後の陣中で病没しましたので、その遺体を梅岳寺の母のかたわらに埋葬しました。

天正14年1586豊臣秀吉の九州平定戦で戦功があった宗茂(むねしげ)は、秀吉から柳川11万石を拝領し、柳川の地へ移りました。 そして、その地に菩提寺として福厳寺を建立しましたが、立花の梅岳寺は道雪母子の遺骨を埋めた墓地なのでそのまま残し供養しました。

道雪の墓は正面向かって右側で、中央は母養孝院のものです。 一番左端の墓は薦野三河守増時(こものみかわのかみますとき)の墓です。 増時は道雪と主従の間柄で、死後も道雪と墓を並べると約束したとされています。

この梅岳寺は、昭和35年1月12日に境内の全てを対象に福岡県指定史跡となりました。

平成8年9月 新宮町教育委員会

ひとくちメモ3 phrases

梅岳寺は立花山の南側の麓に伽藍を構えている。山門前の道は立花山の登山口である。 道雪母子の墓所は、本堂左手の奥にある。分かりづらいのでご注意ください。 本堂前には藤棚がある。時季になればさぞ綺麗なことであろう。

※梅岳寺前のR540を北西方向に300Mほど行くと立華山明鏡院 独鈷寺があります。こちらもお参りされてはいかがでしょうか?

伊藤氏メモ糟屋郡志に[開山を緒庵彭序と云ふ]とあり。現第21世。現本堂は、200年~250年ほど前の建立であろうとの由。藤棚をくぐっての本堂前という趣。()