お寺めぐりの友

PC版

紫雲山() 安楽寺(あんらくじ) 浄土真宗本願寺派

歴史4 phrases

筑前國続風土記拾遺』巻之24 表糟屋郡下 久原村の項に下の記載がみられる。

安楽寺

吉塚に在。紫雲山と号す。 真宗西本願寺直参也。 開山の初詳ならす。

附録』に寺内に観音堂がある旨の記載がある。

ひとくちメモ5 phrases

安楽寺周辺はのどかな田園地帯となっている。福岡県道21号線が近くを走る。 犬鳴峠越えで宮若市・直方市に通じる道である。 安楽寺はその一歩裏手にある。 門前の水路には清水が流れている。

伽藍は近年改築されたようで、真新しい。 山門・本堂・鐘楼はどっしりとした造りとなっている。 本堂前には庭園があり、きれいに白砂が掃き清められていた。

門前には観音堂がある。堂内には金色の観音像が鎮座しておられる。 『附録』に記載されている観音堂であろうか?

伊藤氏メモ糟屋郡志』に[開山慶雲、天正中1573-1591創建す、末寺一、真覚寺]とあり。

境内には大きな岩が配されていたり、本堂の前には親鸞聖人像と蓮如上人像が左右におられたり、 また、凝った造りの鐘楼台(首羅之鐘と名付けられ、台座部には寺の縁起も記されている)もあれば、 本堂内陣の奥行きも十二分にとられているなど、お寺全体に重厚さが感じられたものでした。()

関連寺院1