お寺めぐりの友

PC版

霊亀山() 岩根寺(がんこんじ) [岩根禅寺] 曹洞宗

歴史

筑前国続風土記拾遺』巻之26 嘉麻郡 下 大隅村の項に下記の記載がある。

村の北に在。霊亀山と号す。禅宗洞家下益村麟翁寺の末也。此寺山根岩石の(らい)々たる間に在。 他所より望見る景色もまたすくれたり。本編に詳なり。

ひとくちメモ

大隅信号からR211を南東に向かって1kmほど走ると益富城の登山口への標識がある。 そこからさらに500mほど進むと左手に参道口がある。 何も標識がないのでナビを使うか、地元の人に尋ねるしかない。

坂を少し登った山裾に岩根寺は伽藍を構えている。

本堂裏手は益富山で、巨岩が多数ある。 また、そこには観音堂・多数の石仏が苔むした場所に安置されている。

ちょうどお参りした時には梅が5分咲であった。 境内には桜の植え込みも多数あるようで桜の時期は花見客もあるのではなかろうか?

また、境内から眺める大隅の街並みの景色もなかなか良い。 本堂は風雪にさらされかなり痛んでいるが、曹洞宗のお寺らしく凛とした雰囲気がある。 岩根寺の西北側には益富山 円通寺が伽藍を構えている。

伊藤氏メモ山裾から中腹にかけてにある赤レンガ色の屋根が特徴的なこぶりなお寺。本堂右側には藤棚。奥の方には不動明王像や嘉穂南部四国66番の観音堂がある。近所の方の話によると、現在は無住との由。()

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)


Top