お寺めぐりの友看板

PC版

龍興山()養円寺(ようえんじ)☆☆☆浄土真宗本願寺派  FACEBOOK

歴史

二丈町誌(平成版)』第7章宗教 第4節 寺院の項によれば、 延宝6年(1679)佐波村の釈教清によって開基。 平成4年旧地から現在の地に移転という。

ひとくちメモ

寺裏(西側)は山、門前には清流加茂川が流れている。 加茂川の東側もまた山である。門前の道を登って行くとその先もまた山。山・山・山である。 本堂はまだ真新しい。境内からは唐津湾と対岸の糸島半島を望むことができる。 門前の道を登ると山中には加茂ゆらりんこ橋二丈渓谷遊歩道があるという。 いずれも、作者は行ったことはないが、ヘビのいない時期に行ってみようと思う。

伊藤氏メモ新しい本堂に、駐車スペースも十分です。 平成4年(1992)の旧地からの移転理由は、老朽化及び駐車スペースもない手狭さからとの由。現第17世。()

旧地

Links① によれば、ここには「龍棲岩(りゅうせいがん)」という大岩があり、昇龍伝説が残っている。白蛇が龍になったという話である。その伝説には当寺の開基、教清も登場する。少し長文であるが興味のある方は同ページをご覧下さい。

場所はここより直線距離で150mほど海側(北側)に下った所にある。民家に挟まれた所に石段があり、そこを登った所である。少しわかりづらい所である。未だ更地のままである。

加茂川

寺の前の道を挟んで流れる清流。その脇には志自枝宮が鎮座。暑い季節になると川では水遊びの子供たちで賑わう。

駐車場も完備(4-5台は可)。

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺院」のボタンをご利用下さい。


Top