お寺めぐりの友

HOME PC版

千寿院之滝() 千寿院(せんじゅいん) 不詳

歴史3 phrases

千寿院の直接の歴史については手元に資料がないので現在のところ分からない。今後調査が必要である。 糸島市荻浦153にも真言宗善通寺派の千寿院があるが何らかの関係があるのかもしれない。 ここではこの一帯の歴史について述べる。

この一帯を唐原(とうばる)という。平家の武将平重盛1138-1179の内室とその娘(千姫・福姫)と少数の家来が源氏の追求を逃れ、 原田種直(はらだたねなお)生没年不詳を頼り、 ここに隠れ住んだがまもなく源氏の追っ手によって殺害されたという。[1]

周辺には、重盛の遺髪を埋めたとされる黒髪塚、内室とその娘たちの墓所、都見石、千寿院の滝などがある。

ひとくちメモ2 phrases

千寿院にたどりつくには満吉から曲がりくねった山道をひたすら登らねばならない。突然棚田が広がる所がある、 その一番上である。 千寿院から眺める北側の唐津湾・その先の可也山の眺望は必見である。

上の歴史の項でも述べたが付近には様々な史跡があり、一日の散策コースとしてはもってこいである。 駐車場・トイレも完備されている。