お寺めぐりの友看板

PC版

奇雲山()西光寺(さいこうじ)☆☆☆真宗佛光寺派

歴史

怡土志摩地理全誌1.怡土編』の 大入(だいにゅう)村の項によれば、 宝暦2年(1752)、智玄が開基という。

ひとくちメモ

西光寺は大入の港町の中にひっそりと伽藍を構えている。 門前の通りは「西光寺通り」という名がつけられている。

この港は、玄界灘に面しており、海の色・砂の色は眺めていて時間を忘れる。 大入漁港には遊漁船、地元産のカキを出す「カキ小屋」もある。 また、東側の海岸は海水浴・砂浜からの投げ釣りなど楽しめる。 作者も子供が小さい頃は、JR筑肥線でよく海水浴、シロギス釣りに出かけたものである。

伊藤氏メモ大入漁港の西側に位置する小ぶりなお寺。 当寺の2,3代ほど前のときの娘さんが大法寺へ嫁がれた関係があるとの由。()

周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺院」のボタンをご利用下さい。


Top