お寺めぐりの友

PC版

超過山() 妙楽寺(みょうらくじ) [聞法道場] 真宗大谷派

歴史

筑前國続風土記拾遺』巻之49 志摩郡 中 小金丸村の項に下記の記載がある。

妙樂寺

本村谷口に在。 真宗東本願寺直末なり。 天文10年1541瑜吟と云僧開基なり。 安永4年17758月乘如上人より寺号を許さる。

この寺に妙海尼か影像有。熊野社記に妙海は小金丸氏の母にて當社創立の主の由あり。 熊野社の祭禮の日に村中の宮座の者より此影像にも(そなえ)を供する例なり。 其画像は地蔵佛の姿書なりて錫杖を持たり。 古画なり。

ひとくちメモ

妙楽寺の真南には可也山(かやさん)がそびえている。真北には火山(ひやま)が一望できる。 境内にはワンちゃんがいてしっぽを振って迎えてくれる。

本堂には「聞法道場」という厳しい字体の扁額がかかっている。 ネットで調べると、この意味は「自己の生き方を問い直す道場」と言われ、浄土真宗のお寺の別名のことらしい。

周辺のスポット(4km以内)


Top