お寺めぐりの友

HOME PC版

() 地蔵堂(じぞうどう) 不詳

情報標高:13.5m

概算標高

13.5m   

最寄りの原発(玄海原子力発電所)よりの概算距離

31km

備考

歴史1 phrases

御堂の由緒等は不詳。分かり次第追記します。

ひとくちメモ2 phrases

御堂の南側を東西に走る今宿バイパス(国道202号線)は作者が福岡市内から唐津に行く時によく利用する道である。 御堂はコンクリート造り。安置されている地蔵菩薩像のお顔は長い間、風雪にされされて目鼻が判別できない。

御堂の後ろには多数の大岩がみられる。この山は岩山と思われる。 境内には多数のツワブキがみられ、きれいな花を咲かせていた。 御堂前はちょっとした広場となっている。広場には2本の大木(椎木と思しきものと、樹名不詳の木)がある。 御堂に向かっての左手には山道が山の上の方に向かってある。物好きの作者は登ってみようかどうか躊躇したが、この先の予定を考えて断念。