お寺めぐりの友看板

PC版

雲谷山()永見寺(えいけんじ)[永見禅寺]★★☆曹洞宗

歴史

『怡土志摩地理全誌1.怡土編』鹿家(しかか)村の項によれば、 唐津恵日寺末。初め、室能国という僧が村の峰に創建。 宝永6年(1709)、雷峰の代に川添五左エ門が寺を現在地に移したという。

さらに、『二丈町誌(平成版)』第7章宗教 第4節 寺院の項によれば、 天保14年(1849)第10世徳山祐天和尚が本堂・庫裏を大改築。 平成12年(2000)8月現住職により本堂・庫裏の大改築が施されたという。

同書(『二丈町誌(平成版)』)によれば、寺内には「秋葉山三尺坊」があり、本尊秋葉山三尺坊という。 寺沢志摩守の伝建立。霊験あらたかであると言われ参詣の人が多いという。(作者未確認)

門前の道は旧唐津街道である。

ひとくちメモ

寺裏は十坊山(とんぼやま)。門前の唐津街道のすぐ先にはJR筑肥線が走り、その先には唐津湾が広がっている。 境内から眺める鹿家(しかか)の街の風景・唐津湾は絶景である。 境内にはイチョウの大木がある。

伊藤氏メモJR鹿家駅から徒歩10分。苔の残る石段を40段ほど登ると本堂正面へ。その左側が本HP歴史欄の[秋葉山三尺坊]です。 秋葉大権現と書かれた扁額のある鳥居と拝殿の神社様式となっています。現第19世。()

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)


Top