お寺めぐりの友

PC版

天女山白馬院(てんにょざんはくばいん) 西光寺(さいこうじ) ★★ 浄土真宗本願寺派

歴史4 phrases

伊藤氏メモ上のホームページによれば、開基は西蓮(瓜生満左衛門)。文永年間1264-1274に豊後(大分県)から当地に移住した瓜生家の第11代で、文禄年間1591-1596に出家し一寺を創建。慶長元年1596に西光寺を公称。現本堂は嘉永5年1852に建立。現庫裏は明治5年1872に長崎街道内野宿の本陣の一部を移築。平成14年2002伝統建築の技術により、その本堂・庫裏を5年間で復旧改修した。

門前の案内板には下記の記載がある。

黒田官兵衛(如水)と西光寺

(前略)1601年福岡城建設のため、用材を求め山口村に訪れた時の宿泊場所が「西光寺(馬敷村)」で、 現在も黒田家ゆかりの品々が多く残っています。 また、三郡山麓(山口村)には今尚「如水が原」「休場」「山立」など、ゆかりの地名が残っています。

黒田官兵衛いいづかプロジェクト協議会

ひとくちメモ6 phrases

西光寺は馬敷(ましき)の集落の中の小高い丘の上に伽藍を構えている。

境内域はかなりの広さである。苔むした石段を登り山門をくぐってすぐ右手と、本堂裏手の庭園・池はみごとである。名刹である。 境内には楓の樹が多数あり、紅葉は見事である。 山門脇のサザンカ・桜もお見逃しなく。

周辺は広大な田園地帯で緑を楽しむことができる。

上のホームページによれば、庫裏はここより4kmほど南側にある長崎街道の内野宿の本陣の一部を移築したものという。 思いつきでお参りするもので庫裏がどの建物かを作者は確認できなかった。

蛇足ではあるが、浄土真宗本願寺派の寺院に院号(白馬院)があるのは作者は初めてである。

伊藤氏メモ40段ほどの苔むした石段を上っていると、古刹の風が感じられてくる。山門をくぐってすぐ右の、蓮の浮かぶ池も趣が深い。奥地の集落に位置しているのもよい。()

Top