お寺めぐりの友看板

PC版

寳光山()渓雲寺(けいうんじ)[渓雲禅寺]★☆☆臨済宗大徳寺派

歴史

筑前国続風土記拾遺』巻之38 宗像郡 下 内殿村の項に下記の記載がある。

渓雲寺

寳光山と号す。 禅宗済家崇福寺の末院也。乙丸にあり。開基の年暦不詳。

境内裏手の高台にお堂があり、宗像四国西部霊場第26番(本尊:薬師如来)と 宗像四国西部霊場第66番(本尊:千手観世音菩薩)となっているようだがお堂は未確認。

ひとくちメモ

渓雲寺は内殿の小高い丘の中腹に伽藍を構えている。 参道は急な上り坂である。

本堂は鉄筋コンクリート造りで近年改築されたようで真新しい。 境内は禅寺らしくきちっと掃き清められている。本堂前の砂の渦巻き模様も見ものである。 また、境内からの内殿の街並み、その先の飯盛山の景色もなかなか良い。

西側には旧唐津街道が走り、古い家並みも残っている。

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)

周辺の寺院・仏教施設の検索は当ページの上部の「4km範囲寺院」のボタンをご利用下さい。


Top