お寺めぐりの友

PC版

() 野河内薬師堂(のごうちやくしどう) 不詳

歴史

『筑前國続風土記』『筑前國続風土記附録』などの記事によれば、昔この辺りは怡土郡 飯場村 ノゴウチと云ったようだ。『風土記』には「野河内村は飯場村の枝村」との記事がある。 御堂名「野河内薬師堂」はこの「野河内」を冠して作者が仮称した。

尚、上記2紙では旧怡土郡飯場村周辺に薬師堂があったという記事は残念ながら見当たらない。

ひとくちメモ

堂内には、厨子に安置された金色の薬師如来像が鎮座している。 定印(じょういん)を結んだ両手には薬壺(やっこ)をお持ちのはずであるが、 それが見当たらない。少し「薬師堂」と呼ぶ事には抵抗がある。間違っていたらすみません。 ただ、この仏像の上には薬師三尊像の写真が掲げられているので間違いないとは思う。

薬師堂の脇には八丁川が流れている。清流である。 川のせせらぎが絶えない。

Top