お寺めぐりの友

PC版

() 鷲尾大権現観音堂(わしおだいごんげんかんのんどう) 不詳

歴史

御堂の縁起等は不詳。分かり次第追記します。 参道口近くの建物に下記の張り紙がある。

(前略)立花山の山懐ここ下原の地は、古来よりお大師様札所、観音霊場として親しまれてきました。

かつては、滝に苔むした不動明王尊像と、本尊千手観音、新四国八十八箇所霊場の石仏のみが法案され、 おちついた佇まいの霊場でした。(後略)

平成18年5月15 下原お大師様世話人会(後略)

ひとくちメモ

西鉄バスの下原(しもばる)のバス停よりだらだら坂を1kmほど登ると参道口にたどり着く。 途中、馬立山観音堂や日蓮宗系のお堂なども見られる。 この道は、立花山の登山道となっているようで、数人の登山者とすれ違った。

境内では、観音堂・滝・十三仏の他、多数の小堂・野仏がみられる。 境内より石段を上った所に鷲尾大権現が鎮座しているようであるが、時間の関係で参拝出来なかった。

境内は、きれいに整備されているが、人気(ひとけ)が少ない。 単独行は避けたほうが無難と思われる。

周辺のスポット(4km以内)


Top