お寺めぐりの友

PC版

紫雲山() 徳勝寺(とくしょうじ) 浄土真宗本願寺派

歴史

『筑前國続風土記拾遺』巻之44 早良郡 中 東入部村の項に下記の記載がみられる。

徳勝寺

隅本に在。真宗西本願寺直末也。 角将監秀兼と云僧の成開基すといふ。

伊藤氏メモ開基を角将監といい、もと荒平城の家臣にて、落城後、世の無常を感じ仏門に入る。 明治31年1898の火災にて、堂宇、寺宝などすべて焼失。(『福岡寺院探訪』より)()

ひとくちメモ

徳勝寺は早良区の田園地帯の住宅街の一角の伽藍を構えている。

伊藤氏メモやや北側の道東沿いに[ヤマタカ醤油]という醸造元がありました。 明治29年1896の創業とのこと。販売店舗入口の前には大きな醤油樽が置かれているのが印象的です。 ()

Top