お寺めぐりの友

HOME PC版

正興山() 勝立寺(しょうりゅうじ) 日蓮宗

歴史5 phrases

境内の案内板によると下記の記述がある。

慶長8年1603京都妙覚寺唯心院日忠(ゆいしんいんにっちゅう)は、 布教のために訪れた博多妙典寺において、 キリスト教の神父イルマン(修道士)らと宗教に関する問答をおこないました。 日忠はこれに勝利し、初代藩主黒田長政からキリスト教会が保有していたこの地を与えられ寺を建てました。 寺の名は、問答に勝利したことにちなみ名付けたとされています。

明治23年1890には、元寇史跡として東公園日蓮銅像建立事務所となり、同27年1904に落慶を迎えました。

志賀島の蒙古塚祭祀も勝立寺が行っている。

伊藤氏メモ福岡寺院探訪 』によれば。福岡大空襲により焼失。 その後再建されたという。

ひとくちメモ3 phrases

元キリスト教の寺院のせいか、昭和通り側の山門は洋風である。 山門の上側にはラテン語?のような文書が刻まれている。どう考えても日蓮宗のお寺の山門には見えない。 写真「昭和通り側」の山門を参照してください。

伊藤氏メモ勝立寺(中央区)の近くを通りかかったので、そのまま寺内に入り庫裏に行って「日本一大きい坐像の日蓮聖人像(木造)」の拝観を申し出たら、簡単に「そこの扉から入って2階へどうぞ」ということで、すんなり見ることができました。さすが日本一の大きさでした。()

伊藤氏メモ昭和通り側の山門の像は「毘沙門天」でした(私も加藤清正かと思ったのですが)。勝立寺に確認しました。

その他、勝立寺についてです。

()

関連寺院5