お寺めぐりの友

HOME PC版

大凉山(だいりょうざん) 少林寺(しょうりんじ) 浄土宗

歴史9 phrases

境内の案内板の内容をそのまま記載する。

慶長9年1604福岡藩主黒田長政公によって約3000坪の広大な寺地に本堂・開山堂・観音堂・霊堂・子院として性雲院 を建立、長誉恵順和尚を開山の僧とし、永長山昌林寺と号した。

徳川家康の養女、長政公夫人(栄姫)が江戸で没され、遺髪を当寺に埋葬し菩提所となり、 山号も夫人の法名の大凉院からとって大凉山と改め、後に昌林寺も少林寺となる。

中興開山興誉上人の頃、福岡藩上席寺院として、 触頭(ふれがしら)という寺格を持っていた。

しかし昭和5年の火災、昭和20年の福岡大空襲で共に建物一切の寺宝は焼失した。

さらに戦後の区画整理によって寺地縮小・墓地改葬、昭和28年から4ヵ年かけて本堂・ 山門・納骨堂・総檀家の墓を建立、平成14年には、信徒会館・納骨堂を増改築した。

山内には、長政夫人の五輪塔・長政の二女の笠付角柱塔・綱之等の墓塔がある。

秋月の秋月山浄土院 大凉寺も栄姫の菩提寺である。 栄姫は秋月藩初代藩主黒田長興(くろだながおき)1610-1665の母でもある。

右の『筑前名所図会』で手前が少林寺、奥が安国寺である。

ひとくちメモ1 phrases

門前は親不孝通りである。 その昔、この付近にはいくつかの予備校があり、多くの予備校生が通っていたのでこの名前がつけられた。 現在も居酒屋・レストランなどが密集しており人通りが多い。

関連寺院3