お寺めぐりの友

PC版

真如山()正光寺(しょうこうじ)☆☆☆浄土真宗本願寺派

歴史

『筑前國続風土記拾遺』巻之10 那珂郡 元 春吉村の項に下記のような記載がある。

四番町の東に在。一向宗博多万行寺の末なり。 始は博多辻堂に在しを後今の所に移すと云。

『福岡寺院探訪』によると下記のとおりの縁起であるようである。

寺の縁起によると、開山を宝順(元和5年(1619)正月没)といい、黒田孝高(如水)の臣にて柴田源右衛門正光と名乗った。 天正16年(1588)仏門に入り、慶長10年(1605)博多津字出来町に一宇建立。宝永3年(1706)焼失。 その後、春吉に移るも嘉永3年(1850)再び焼失し、(中略)昭和39年現在の地に移る。

ひとくちメモ

正光寺は西鉄大牟田線の雑餉隈(ざっしょのくま)駅に程近いところに伽藍を構えている。 正光寺横は附設のひかり幼稚園である。

境内左手は麦野公園である。

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)


Top