お寺めぐりの友

PC版

天龍山八部院() 正法寺(しょうぼうじ) 浄土宗

歴史6 phrases

筑前國続風土記拾遺』巻之11 那珂郡 亨 横手村の項に下記のような記載がある。

浄土宗鎮西派天龍山八部院と云。住吉村妙園寺の末寺なり。開山は行明上人なり。 行明の假墓あり。 地蔵と云。また寺内には観音堂あり。(本藩士鈴鹿氏の祖建立するよし縁起に見えたり。)

伊藤氏メモ福岡市博物館の発行している『市史だより20号(2014年秋冬号)』に次のような記載がある。

[境内には古くから観音堂が置かれ、『筑前國続風土記附録』にも紹介されている。言い伝えによれば、このお堂の観音様は、享保の飢饉の頃に那珂川の洪水によって、今光村(現:那珂川市今光一帯)の方から横手村まで流されてきたとのこと。]

[日佐村の最初の村役場の場所は正確には分からないが、明治30年頃には正法寺の境内に移された。正法寺の目の前には小学校が、さらに周辺には派出所・火の見櫓・農協施設などが建てられ、この一帯が村の中枢となった。]

[この正法寺の境内には古くからイチョウの木が立っている。今でこそ落雷を避けるために低く剪定されているが、 往時は井尻から見えるほど高く、日佐に向かう人々にとっての目印になっていたそうである。]()

ひとくちメモ3 phrases

正法寺は福岡市南区の西鉄井尻駅の南西に伽藍を構えている。正法寺ルンビニー幼稚園が併設されている。

園児の保護の為か、平日昼間にお参りに行ったが山門・通用門など入り口がすべて閉ざされていた。 昨今の治安事情もあろうが、お寺が昼間に門を閉ざしているのは残念である。 これは、正法寺に限ったことではないが・・・

那珂川市の山内に正法寺別院があり、 幼稚園の保育場施設および檀信徒念佛修養堂となっている。

関連寺院2