お寺めぐりの友

PC版

光耀山() 真教寺(しんきょうじ) 浄土真宗本願寺派

歴史

『筑前國續風土記付録』巻之9 博多寺院(下) 下月隈村の項に 「隈生山と號す。西本願寺に属せり。座元也。」とある。現在の山号(光耀山)とは異なった記載となっている。 その理由は作者は知らない。

伊藤氏メモ福岡寺院探訪』に次のような記載がある。()

寺の縁起によると、開山の僧を教光といい、金塚の城主光安筑後守の家臣月江左近教光、天正年間1573-1592戦乱に遭遇、世の無常を感じ仏門に入る。文禄年間1592-1596山上に一宇を建立し、法念寺と号す。慶長5年1600に焼失後、民家の間に堂宇を建立、今の寺号に改める。昭和21年1946現在地に移る。

ひとくちメモ

真教寺は福岡空港の滑走路の北側に伽藍を構えている。

Top