お寺めぐりの友

PC版

海雲山() 清善寺(せいぜんじ) [清善禅寺] 曹洞宗

歴史

筑前國続風土記拾遺』巻之49 志摩郡 中 西浦村の項に下記の記事がある。

中園に在。海雲山と号す。禪宗曹洞福岡安國寺の末なり。 正保年中1645ー1648皐竹と云僧開けりと云。

伊藤氏メモ福岡寺院探訪』に次のような記載がある。()

寺の話によると、黒田藩の家臣、船戈(ふなびき)徳右衛門なる者が、この地に遠見の役で来ていたが、のち仏門に入り当寺の開基となる。『糸島郡誌』によれば、「寛永16年1639福岡安国寺3世全林皐斤の開基なり」とある。

ひとくちメモ

西浦(にしのうら)漁港の漁師町のはずれの丘の麓にひっそりと伽藍を構えている。 門前には田畑が広がり、その先には灘山が見渡せる。

本堂脇にはかなりの年代物の六地蔵塔が安置されている。 参道には大楠があり、その根本には石像達が立っている。(下の写真をご覧ください。)

伊藤氏メモ門前の田園風景に気持ちがやすらぎました。()

関連寺院


周辺のスポット(4km以内)


Top