お寺めぐりの友

PC版

松光山(しょうこうざん) 西林寺(さいりんじ) 浄土真宗本願寺派

歴史

筑前國続風土記拾遺』巻之10の那珂郡 元 堅粕村の項に下記のような記載がある。

本村に在。博多万行寺の末なり。

伊藤氏メモ福岡寺院探訪』に次のような記載がある。()

開基を道徳といい、博多万行寺に属し、寛文6年1666本山より寺号木仏を許される。 当寺の過去帳によると、中興ともいうべき第11世達相のとき(明治20年1887)、東松原(現在地)に寺地を購入したものの、 本堂移転再建実現を見ずに達相は他界した。 第12世がその遺志を継ぎ、大正元年1912その完成を見る。

当寺の境内には、水害と水利に乏しかった当地方の水田のために私財を投じ、藩の重圧にもめげず、 番托井堰(ばんたくいぜき)の大工事を成し遂げたという、村人達にとって偉大なる人物、豊田徳作翁の墓がある。 当寺では毎年7月12日の「さなぼり」に墓参読経を行い、徳作の遺徳に感謝する。

ひとくちメモ

山門に向かって左側の路地をまっすぐ歩くと昭和の雰囲気たっぷりの吉塚商店街がある。 商店街の中を歩くと何だかほっとします。皆さん、是非お寺参りもかねて出かけてみてください。

関連寺院

Top