お寺めぐりの友

HOME PC版

旭曜山() 西音寺(さいおんじ) 浄土真宗本願寺派

情報標高:38m

概算標高

38m   

最寄りの原発(玄海原子力発電所)よりの概算距離

45km

備考

歴史4 phrases

『筑前國続風土記拾遺』巻之44 早良郡 中 西入部村の項に下の記載がみられる。

西音寺

本村に在。真宗西福岡光専寺の末也。 開基の僧を圓西(俗称笠石見)といふ。

伊藤氏メモ福岡寺院探訪』に次のような記載がある。 [当寺は、もと糸島の方にあったといわれ、縁起は、永仁3年(1295)専心の創建にて、 以前は西方寺と称し、禅宗であったが、天正年間(1573-1592)高祖城主原田氏の家臣笠大炊がこの寺の住職となり真宗に改めたと伝えられる。 その後、寛永年間(1624-1644)現在の地に移り、寺号・山号とも今の名に改めた。]()

ひとくちメモ2 phrases

西音寺は早良区の田園地帯に伽藍を構えている。周辺は緑でいっぱいである。 春になれば参道には多数の桜の花がみられる。

伊藤氏メモ門前の藤棚に綺麗な藤が咲き誇るものと見ました。()

関連寺院1