お寺めぐりの友

PC版

旭曜山() 西音寺(さいおんじ) 浄土真宗本願寺派

歴史

伊藤氏メモ当寺の創立は永仁3年1295で、西方寺と称する禅宗の寺であった。

後代天正14年1586頃、高祖城主・原田種直氏は豊臣秀吉に攻められ、城は落城し家中討死し残った者も浪人となった。その中、家老・笠大炊守は糸島郡西堂村[1]の古領地の縁をもって同村に移住した。その頃西方寺は住職がおらず破落していたが、笠大炊守が入寺して再建し、禅宗から転派して浄土真宗に帰依した。

寛永6年1629、西方寺は西堂村を退き、早良郡西入部村伊田尻に転寺し、西方寺を改め旭曜山西音寺とした。西方寺跡は、現在も糸島西堂の地にある。(HP「浄土真宗本願寺派 福岡教区早良組-西音寺」より) ()

ひとくちメモ

西音寺は早良区の田園地帯に伽藍を構えている。周辺は緑でいっぱいである。 春になれば参道には多数の桜の花がみられる。

伊藤氏メモ門前の藤棚に綺麗な藤が咲き誇るものと見ました。()

関連寺院

Top