お寺めぐりの友

PC版

() 沖濱稲荷神社(おきはまいなりじんじゃ) [沖浜神社・光照寿院跡] 神道

歴史

鳥居脇の御影石製の案内板の内容を下に記す。

沖濱神社の由来

当社は太平洋戦争中の昭和20年6月19日の空襲により、戦災を受けるまでは、 光照寿院(弘法大師堂)[1]と共存し、広く博多地区の信仰をあつめていた。 古来の伝承によれば、此の付近の海岸、澳の浜に、大同元年806唐より帰朝の第一歩を印した弘法大師(空海)が、 船旅の疲れを醫すため、しばしまどろんだ処とされている。 その節の夢の中で、雲に乗った稲荷大明神が現れ、お告げあり、「高野山に弘道の本拠を開くべし」とのことである。 爾来当町では境内に「大師衣掛けの松」とて、代々松の木を守って来た。

『筑前風土記』[2]によると、安永6年17775月2日、町内富山仁蔵という酒屋の大桶に星石が落ちたことを報じている。 恐らく隕石のことであろう。 その石は宝珠石と称し、沖濱神社のご神体として、のちのち信奉されるようになった。 後世、20年毎の式年行事に際しても、白布に包まれた宝珠石は、人の目に触れれば、忽ち盲目になると戒められていた。 しかし今日では戦災後行方不明である。

参道口に「川上音次郎生誕の地」の石碑が立っている。 戦災地蔵の両脇には、「新派花柳章太郎」、と「新派水谷八重子」の小さな石碑が立っている。いずれも、昭和35年4月20日銘。 音次郎の生誕地の参拝記念のものであろう。

ひとくちメモ

境内はビルの谷間にある。赤鳥居と小さな社殿がひっそりと立っている。 参道には、「戦災地蔵」が立っている。 参道の両脇は駐車場となっている。

脚注

Top